あるB'zファンのブログ

B'zについて書いていきたいと思います。あとdoaも。

2017.12.30 B’z LIVE-GYM 2017-2018 "LIVE DINOSAUR" @ナゴヤドーム

今日はナゴヤドームのB’z LIVE-GYM 2017-2018 "LIVE DINOSAUR"に参戦しました。
今回はなんといっても2日前のフェスで中断した稲葉さんの体調、特に喉の調子がどうなのかが気にかかっていました。
当日になっても公式からの中止などのアナウンスもないため、東京から名古屋に向かいました。
帰省ラッシュもありましたが、こだまは混んでなくのんびりと来れました。

f:id:mabushii_sign:20171230151217j:plain

さて、ライブの感想です。
席は正面の5階席の後方。ステージは遠いですが見晴らしが抜群。ライブ始まってすぐ思ったのが音がめちゃくちゃ良かったです。

01.声明
札幌ではなかったオープニング映像からTAKの登場、そして壇上のようなところでの稲葉さんの登場。コートがちょっと軍服のように見えてしまったw
稲葉さんの喉が心配でしたが、普通に聴こえました。

02.CHAMP
高音がきついCHAMP。サビで高音がかすれ出しているが感じられた。1番から2番になるとさらに明らかに。ちょっと最後まで行けるのか不安になる。

ここでMC。
後ろのモニターの恐竜が喋り出す。LIVE-GYMにようこそをやろうとするもグダグダで稲葉さんが奪いとって、B’zのLIVE-GYMにようこそ〜

03.孤独のRunaway
この曲の選曲はすばらしい。でもサビの高音が辛そう。

04.ハルカ
この曲もすごく好き。ラストの希望のところ、札幌ではシャウトだったけど今回は原曲のような歌い方だった。

このあたりで再度MC。もしかしたら次かも。
2日前のことを意識してご心配おかけしましたと発言。
そんな中、スタッフ、メンバー、そしてファンの暖かい声援によって支えらていることを改めて実感したという言葉。
また、もう大丈夫ですから!死ぬ気で頑張ります!という熱い言葉。
これを聞いて今は心配するのは失礼だ、こちらもライブを楽しもうと改めて思った。
あと、死ぬ気で頑張るけど、死なないけどねというオチも稲葉さんらしかった。

05.ルーフトップ
MCのあとではあるが、サビがかすれる。
それでもしっかり歌い上げる。

06.FIREBALL
この曲は大丈夫なのかと思ったけど、心配無用だった。サビのかすれも味になっていた。そして最後のTAKとの掛け合いからのロングシャウトは素晴らしかった。

07.Don’t Leave Me
札幌2日目ではMOTELだったので初。
これもかすれたところもカッコ良い。ラスサビ前のところは抑えてたけど、ラストのシャウトはバッチリ決めてカッコ良かった。

08.赤い河
イントロが流れまさかこれをやるのか!と2回目だけど思う。
そしてイントロを使って稲葉さんはお着替えに。

09.SKYROCKET
シャラララスカイロケットを裏声で歌わせるのはしんどい。
最後の稲葉さんのハートマークがウケる。

10.それでもやっぱり
この曲は時間が経つにつれ好きになってきた。

11.愛しき幽霊
TAKは椅子に座る。
札幌では稲葉さんはセンターに座ったけどドームではステージサイドで。
イントロが終わったところで、TAKも逆サイドに移動。
歌い終わりでステージ下に捌ける。
そしてそれを追う映像に変わる。映像中バンドセッションが行われる。
でも映像からはリアルタイムではなく録画っぽい。

12.弱い男
再登場した2人。稲葉さんが客先を煽るがいつもと違いシェーンのドラムのデデンという音で締めるのを繰り返す。
それで遊ぶ稲葉さん。これがすごい楽しい。
そして、ちょっと情けない、やるせない男の歌を力強く歌わなければならないのですというMCを。
やっと弱い男のイントロの部分で遊んでいたのだとわかった。
そして歌へ。
これまた、序盤から飛ばし気味の歌だけど、歌いあげる。

13.Purple Pink Orange
少し暗めの照明ではじまる。
これもサビが少しきつい。最後のところも辛そうだった。

ここで、再度MC。
Dinosaurの曲が続いたのでみんなも歌える曲やるとのこと。

14.イチブトゼンブ
もう定番だけど、会場も盛り上がる。
この曲もサビが高いのでかすれてしまう。

15.DIVE
ここにきてDIVE。しかし、こういうノリのいい曲の方が稲葉さん調子がいい気がする。

16.Dinosaur
盛り上がったところで、再度、Mr. TAK MATSUMOTO!!とTAKに振ったところで稲葉さんは一旦捌ける。
TAKのギターソロからDinosaurへ。
ステージが明るくなるとステージを覆うようにして恐竜が現れてた!
歌は圧巻。ここから稲葉さんの調子が上がってきているのを感じられた。

17.King Of The Street
稲葉さんがツアータオルを振り回すように煽る。
5F席のスペースではタオル回すなんて余裕がないので手元で回すだけにしておいた。

18.フキアレナサイ
ステージ中央に巨大な扇風機が用意される。
それで紙吹雪を演出しながらステージの両サイドにはダンサーの方もいた。
曲の途中でコール&レスポンスに。
稲葉さんも「どーせ、声出ないと思ってるんだろ、出しますから!」といって一気に会場を盛り上げる。
そして本当にばっちり出てました!

19.Still Alive
この曲もきついと思うのですが、完璧に歌い上げた。
稲葉さんの気合に本当感動した。

-アンコール-

20.ultra soul
札幌、福岡とあったいつかのメリークリスマスはなくなり代わりの曲があるかと思ったけどなかった。
アンコール序盤から会場が一体になって盛り上がった。

21.BANZAI
勢いそのままにBANZAIへ。
これも辛いとこあるけど、ロングシャウトも決めて本当にすごかった。

最後のMCでは最初のMCでもあったようにみんなの助けでやってこれたというのをいい、少し目がうるっとしているように見えた気がする。

ほんとにB'z、そして稲葉さんの凄さを感じたライブで、名古屋まで見にきて良かったです。 f:id:mabushii_sign:20171230194726j:plain

DINOSAUR (通常盤)

DINOSAUR (通常盤)

DINOSAUR (初回限定盤)(Blu-ray付)

DINOSAUR (初回限定盤)(Blu-ray付)